シビルウェディング
HOME > CivilWedding > タイムテーブル

シビルウェディングのタイムテーブル

 シビルウェディングの申し込み手続きと時期のポイントを、結婚1年前から当日までの披露宴・美容・衣裳・新生活準備のタイムテーブルとしてあわせてまとめました。結婚までのスケジュール・チェックシートとして活用してください。

1年から6ヶ月前

婚約・結納
・お互いの両親への報告と紹介はこの時期に。
・女性宅で簡単に結納を交わした後、ホテルやレストランで会食するケースが最近の傾向です。婚約パーティーを開く人も少しずる増えています。
・セレモニー・レセプションいついても十分な話し合いをこのときにしておきましょう。

セレモニー・レセプション
・ふたりが希望するセレモニー・レセプションのイメージを考えておきましょう・
・シビルウエディングを希望する場合は、住んでいる地域や挙式予定会場の地域でシビルウェディングをディレクトできるエージェント、もしくはホテルを調べます。
・ふたりの希望に近い会場、施設を最低5件は下見をして資料をそろえましょう。気に入ったら仮予約をして、両親にも相談を。会場の予約金は戻らないケースが多いので、よく確認をしてから支払うように注意しましょう。

衣裳・美容
・会場や季節にあわせて、自分でイメージした衣裳を探します。あまり迷いすぎて、手遅れにならないように。

ハネムーン
・行き先の検討を始めましょう。
・海外の場合はパスポートの準備を忘れずに。また目的をはっきりと決めて、リゾート地でのゆったり滞在型か、観光中心の周遊旗か名度を二人で話し合いましょう。

新居
・社宅や公団住宅を希望する場合は、早めに必要書類の準備をしましょう。
・男性の勤務地、または共働きの場合は二人の交通の便を考えて場所を決めましょう。

ページトップへ

6ヶ月から3ヶ月前

セレモニー・レセプション
・シビルウエディングの場合はあらかじめ婚姻届を提出し、受理証明書を用意しておく必要があります。各市区町村役場によって、交付されるまでの日数が違うのであらかじめ確認しておきましょう。
・ミニスターをふたりの知人に依頼する場合は、この時期にごあいさつをしに訪問しましょう。シビルウエディングの説明も、この時に大まかにしておきましょう。
・挙式当日の立会人、もしくは媒酌人にはこの時期にごあいさつして、当日のシビルウェディングので役割を簡単に説明しておきましょう。
・レセプションについての大まかな進行、演出の相談をします。司会者も当日の披露宴の成功の鍵を握る大役ですから、この時期に慎重に検討しましょう。
・招待状のレイアウト、また招待客の人数の確認など早めにこの時期に打ち合せましょう。

衣裳・美容
・気に入った衣裳を予約し、担当者と入念にヘア・メイクの相談をしましょう。
・どんなヘアにしてアクセサリーはどうするか?またブーケもドレスのスタイルに合うものを考え、ドレスを担当しているプロの方に相談しましょう。

ページトップへ

3ヶ月から1ヶ月前

セレモニー・レセプション
・シビルウエディングの挙式中に参列者の前で誓約する文面をふたりで考えましょう。すでに決められた誓約文でも構いませんが、なるべくオリジナルなふたりらしい言葉で当日は読み上げたいものです。
・ミニスターを知人関係に依頼した場合は、ビデオや台本を渡して事前に練習をしておいてもらいましょう。
・マリッジリングの準備、リングピローの確認もしておきましょう。
・招待者のリストがだいたい決定したら、招待状を出しましょう。遅くとも返事が1カ月前には届くよう、印刷会社や招待状の筆耕の方に依頼しましょう。
・披露宴の細かい打合せ、例えば会場装飾、料理、引出物、音楽、ビデオ、写臭等の演出関係、また進行でスピーチや余興を友人に依頼するのであれば早めに頼みましょう。

ページトップへ

1ヶ月から10日前

セレモニー・レセプション
・婚姻届を提出して、婚姻届受理証明書の交付を受けておきます。
・シビルウエディングの進行等の最終決定。
・レセプションの進行、演出を司会者と最終決定します。
・テーブルの席次を決めます。
・ゲストの車の手配や受付の担当者の決私また挙式の前臥当日宿泊するゲストの予約も忘れずに確認しましょう。>

衣裳・美容
・写真の前撮りをします。
・顔剃りやエステティックなど当日の化粧のりをよくする準備を入念に。
・襟ぐりや背中のあいたドレスを選んだら産毛のケアを忘れずに。式直前にケアするのが一般的ですが、肌が弱い方やカミソリ負けをしてしまう場合があるので、肌のチェックとしてこの時期に一度試しましょう。

ページトップへ

1週間前

セレモニー・レセプション

・シビルウェディング、レセプションの演出の確認。
・依頼しているエージェントや司会者、受付担当者の当日の入時間や名前などの確認。
・出席者についてもこの時期にほぼ決定するので、席次の最終決定をします。
・人数が決まり、料理や飲み物、引出物の数もほぼ決定するので、最終見積りを会場からもらい、支払方法などの確認もしておきましょう。

衣裳・美容

・衣裳の最終チェック。この時期は忙しくてプライドも大幅にやせたりしがちなので、サイズ直しの最終はこの時期。また小物や当日会場に届けるものの確認もしておきましょう。

ページトップへ

前日

セレモニーレセプション
・婚姻届受理証明書の確認。
・マリッジリングの確認。
・ミニスター(知人に依頼した場合)、司会者、立会人、受付係へ会場に来てもらう時間や場所の確認。
・会場の担当者にも確認の連絡を。ウェルカムボードやふたりの会場入時間の確認をもう一度しておきましょう。
 衣裳・美容・花
・式場以外で購入・レンタルした場合は指定の場所に届いているかの確認を。
・当日身につけるもの、下着、ストソキング、ハンカチーフなどもう一度チェックをします。

ページトップへ

当日

リハーサル
シビルウェディングのリハーサルを行い、すべての準備の最終確認をします。

ページトップへ